「損を減らす」はもう古い!損切りで利益を上げる意外な方法

FXの雑誌やサイトで必ず出てくる言葉が「損切り」。

含み損が出ても、決済しない限り損失になりませんからね~・・・切りたくない気持ちも分かります。

私も含み損が出てる状態で、「ここから上がる! 逆転できる!!」って思ってましたからね(笑)

 

でも、損切りって損失をおさえるだけでなく、利益を上げるためにも使えるんですよ!

これから、その理由についてお話しますね。

 

損切り = リスクゼロ、リスタート、不意打ち対策

私が損切りする理由は、以下の3つです。

  • 損失をゼロにする
  • 仕切り直しをする
  • 予想外の動きに備える

 

損切りで利益が上がる理由は、2番目の「仕切り直しをする」に書かれてますよ。

これから詳しく説明しますね。

 

損失をゼロにする

sonkiri2_002

 

上昇トレンドになってるので、上の画像の位置に買いポジションを持つとしましょう。

これから上昇するという予想を立てましたが・・・もし下降トレンドに変わった場合、損してしまいますね。

 

sonkiri3_001

 

だがしかし! ポジションを持った位置を損切りラインにすれば、損をゼロにできるんです! これを同値撤退と呼びます。

同値撤退についての詳しい解説は、以下の記事で書きますね。

 

参考記事

  • 同値撤退のメリット、デメリット

 

仕切り直しをする

さて、ここで問題です。上昇トレンドから下降トレンドになった場合、あなたはどちらの行動をとりますか?

  • 選択肢1、一時的な下降トレンドと見て、損切りせず再び上昇するのを待つ
  • 選択肢2、いったん損切りして、再びポジションを持つ

 

下降トレンドが続くか、再び上昇トレンドになるか・・・どちらが正解かは私にも分かりません。

相場は気まぐれですからね~(^_^;

ただ、選択肢1は不正解です。ダラダラ待つよりも同値撤退で損切りした方が効率いいですよ。

 

sonkiri4_001

 

ここに買いポジションを持つとします。

 

sonkiri5_001

 

この時、損切りした後に再び買いポジションを持った方がとってもおトク(^_^)v

より下の方にポジションを置けるので、上がった時の利益が増えるからです。

 

どうでしょ? お祈りして上がるのを待つより、リスクも少ないし、利益も出やすくなると思いません?

これが、損切りをする2つ目の理由、仕切り直しです。

 

予想外の動きに備える

sonkiri6_001

 

「これはこのまま上昇する!」

そう読んで、買いのポジションを置きました。しかし・・・

 

sonkiri7_001

 

予想に反して、下降してしまいました(>_<)

このまま下降し続ければ、損失は膨らむばかりです・・・。

 

sonkiri8_001

 

あらかじめ、OCO注文(注1) で損切りしておけば、予想外の動きにも対応できます!

予想は外れることが多いので、損切りは必ず入れておきたいですね。

 

損が拡大してからでは遅い!

「うわ~、100pipsも損しちゃったよ・・・そろそろ損切りしないとマズいかな~」

これじゃあダメです。損が拡大したから損切りしようでは遅いんです。

「予想が外れたら、損が拡大する前に、損切りする」

これを意識するだけで、FXで利益を出す確率が上がりますよ(^_^)v

 

 

関連記事



無料プレゼント、はじめました

bana2_001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ