ぜんぜんこわくないよ!FX取引の証拠金についての解説

a0002_000864_m

 

「しょ、証拠金って何!? なんか怖そう!!」

とお思いの、そこのあなた。そんなに怖がらなくても大丈夫ですよ~(^_^;

 

証拠金とはFX口座に入ってるお金のこと

証拠金(しょうこきん)とは経済学用語の一つ。 契約の成立、履行を確実にするために、当事者の一方が相手方に対して担保として預ける金銭のことを言う。

ウィキペディアより引用

つまり証拠金とは、FX口座の中にあるお金を担保として取引することを指します。

 

証拠金は取引するたびに増減する

「担保にする」ということは、「取引に失敗した場合、口座内のお金をもらっても構いませんよ」と言ってるようなものです。

なので、FX口座に入ってるお金は、取引するたびに増えたり減ったりするんです。

最初に入れたお金が確実に残るわけじゃないので、注意して下さいね。

 

FXは必ず余ったお金でやるべし!

そんなわけで、FXは必ず余ったお金でやりましょう。

FXで1000万円を全部溶かした(0円にした)という話は良く聞きます。間違っても、生活費をFX口座に入れないようにして下さいね(^_^;

生活費はゆうちょの口座に入れておきましょう。

 

この心構え、とっても重要なので以下の記事でガッツリ解説しますね。

 

参考記事

  • FXは必ず余裕資金でやる(仮)


無料プレゼント、はじめました

bana2_001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ