借金でやっちゃダメ!FXを余裕資金でやるべき3つの理由

a0002_010647_m

 

いろんな雑誌やFXサイトでよく見かけるのが、「FXは余裕資金でやろう」という言葉です。

でも何で、余裕資金じゃないとダメなのか? そもそも余裕資金って何なのか? 気になりますよね?

そんなわけで、これからFXと余裕資金について、ガッツリ語りますね(^_^)

 

FXは必ず余裕資金でやるべし!

余裕資金とは例えば、アニメやマンガ、ゲームなどの趣味に使うお金のことです。

貯金の場合、目的のあるなしで余裕資金かどうか決まります。

「マイホームを買うため」などの目的がある貯金は、余裕資金ではありません。これといった目的がなく、何となく貯めたお金は余裕資金ですね。

 

なぜ余裕資金でやらないとダメなのか?

FXを余裕資金でやる理由は以下の3つです。

  • FX口座に入れたお金がなくなる可能性がある
  • 精神的に不安定になる
  • ムチャクチャな取引をしてしまう

 

これから詳しく解説しますね。

 

FX口座に入れたお金がなくなる可能性がある

定期預金なら、何もしなくても勝手にお金が増えていき、預けたお金が丸々戻ってきます。

ですが、FXの場合は預けたお金が必ずしも戻ってくるとは限りません! 口座に入れたお金が減ってしまうこともあるんです。

最悪、口座に入れたお金がゼロになってしまうかも・・・お~怖っ(^_^;

 

だからこそ、FXはなくなっても生活に影響が出ないお金を使ってやりましょう。

「なぜお金が減るの?」

といったFXに仕組みについては、以下の記事を参考にして下さい。

 

参考記事

 

精神的に不安定になる

生活費を使ったり、借金をしてまでFXをやってしまうと、精神的な余裕がなくなります。

絶対に負けられないし、勝たなきゃいけないから、ドキドキ感があるんです。

頭の中がFXのことばかりになり、つねに相場の動きが気になってしまいます。

車の運転中に「今は稼げる相場なのかなぁ~?」と余計なことを考えてしまい、事故を起こしたら大変ですよ!

 

なので、FXをやる時は「このお金は別になくなっても構わない!」と言い切れるお金だけを使いましょう。

でないと毎日緊張して、体こわしちゃいます(>_<)

 

ムチャクチャな取引をしてしまう

もう後がない状態で、一度でも損をしてしまうと「ヤバい! 取り戻さないと!!」と思ってしまいます。

そうなると、利益を出すために、損が出やすいムチャクチャな取引をしてしまうんです。

 

FXで利益を出すのは簡単ではありません。失敗した経験を積み重ねて、ようやく利益がでます。

ましてや、FXで安定した収入を得るとなると、かなり頑張ってFXをやり続けないといけませんね。

ムチャな取引をしないためにも、「FXは損するもの。利益が出たらラッキー!」といった気持ちでやりましょう。

 

FXは「将来のための投資」と思うべし

何が起こるか分からない、この時代。自分で稼ぐチカラを身につけると強いですよ(^_^)v

個人が会社に頼らず、自力で稼ぐ手段の1つがFXです。

余裕資金を使って、稼ぐスキルを身につけてみてはいかがでしょう?



無料プレゼント、はじめました

bana2_001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ